謂れとかたち
上野東照宮の銅燈籠(国宝)の龍の彫刻

上野 東照宮
元和2年(1616年)藤堂高虎と天海僧正は危篤の家康に呼ばれ、
末永く魂鎮まるところを作ってほしいと遺言された
寛永4年(1627年)に藤堂家の屋敷地に東照宮を造営した
しかし家光は慶安4年に現在の社殿を金色殿として造営替えし、江戸の象徴とした
手前から拝殿・幣殿・本殿からなり、その様式を権現造りという
平泉の中尊寺光堂と並んで日本に二つしかない金色殿
明治40年に国宝指定
祭神:徳川家康・徳川吉宗・徳川慶喜
【東照宮略記(現地の説明板)・縁起などより】


唐門の両側にある銅燈籠

唐門の両側に6基銅燈籠(昭和17年国宝指定)がある
御三家が奉献したもの
社殿に向かって左側手前の1基は寛永4年の銘があり、藤堂高虎が家康公十三回忌に寄進したもの
型は南円堂型
【上野東照宮略記より要約】


東照宮唐門の正面

 
L3    L2    L1 
【燈籠の整理番号】  R3   R2    R1    

燈籠の龍のレリーフ
ひとつの燈籠に8面のレリーフがあるので、総計48面ということになる
実際に写真撮影が出来るのは、正面と左右の2面づつの5面(R3は木が邪魔して3面)

撮影した龍の図柄を比較すると、L1・L3・R1・R3の4基、L2とR2の2基に類似性が見られることがわかった
ここでは代表として、L1とR2の龍を紹介する

 
L1                                    R2

 

 

 

 

 
上から順に、正面・右1面・右2面・左1面・左2面の順に示した

 
燈籠の飾り 葵の紋が見える

各燈籠の類似性の比較はこちらでご覧ください
071118/170917
龍の謂れとかたちのTOPへ