龍の謂れとかたち


謂れかたち

永福寺 山門の龍の彫刻

大治5年(1130)、坂尾五郎治が千葉氏の護持仏である妙見像を寺の近くに祀ったのが始まり
のち北斗山金剛授寺(真言宗)として建立
土中出現童子地蔵菩薩本尊とし、尊照上人を開山とする
寛永2年(1625)、上野寛永寺末となり、如意山養福寺無量院(天台宗)と改称
本尊である阿弥陀如来坐像を安置
慶安3年(1650)、坂尾山栄福寺と改称


山門
(奥に工事中の本堂が見える)

永福寺 境内配置図


山門の上部にある龍の彫刻


龍の頭部

住所:千葉県千葉市若葉区大宮町3869
電話:043-261-4686

090707
妙見地蔵堂へ
龍の謂れとかたちのTOPへ