謂れとかたち
荏原神社の向拝の龍

荏原神社(えばらじんじゃ)
東京都品川区北品川にある神社。東海七福神の中の1社として恵比須を祀る
荏原神社は「南の天王」と呼ばれる


和銅2年(709年)、大和国丹生川上神社より高龗神(龍神)の勧請を受けて南品川に創建したのに始まる
長元2年(1029年)に伊勢神宮より豊受大神・天照大神を勧請
宝治元年(1274年)に京都祇園社(八坂神社)より牛頭天王を勧請

古より品川の龍神さま(品川の総鎮守)として、源氏、徳川、上杉等、多くの武家の信仰を受ける
往古より貴船社・天王社・貴布禰大明神・品川大明神と称していた
明治元年(1868年)勅祭社に准ぜられた(准勅祭社という)が、同3年改めて郷社に列した
明治8年、品川貴船社の名を改めて、荏原郡の名をつけて「荏原神社」に改称
旧荏原郡(品川、大田、目黒、世田谷)の中で最も由緒のある神社であったことから
荏原郡の名を冠した社号になった
東京遷都の際には、明治天皇の内侍所となった



荏原神社を遠望する


荏原神社 本殿

向拝の龍の彫刻
荏原神社では薄暗い中、向拝に龍の彫刻があるのを見つけた
向拝は二段に分かれており、上段の龍は下方を、下段の龍は上方を見つめている
荏原神社は龍神を祀る神社であることから、向拝に龍がおかれていると推察する。


向拝の龍の彫刻


上段の龍


下段の龍 龍の頭部と龍玉


荏原神社
住所:東京都品川区北品川二丁目30-28


160207
龍の謂れとかたちのTOPへ