龍の謂れとかたち


謂れかたち
2006年に出会った龍と仲間たち

龍の謂れとかたちのTOPへ
龍のTOPへ

2006年にヨーロッパで出会った龍と仲間たち 
 ミラベル宮殿(ザルツブルグ)のマーブルルームのドラゴン  060621
 マーブルルームは、大理石の部屋という意味。ザルツブルグに着いた夜にコンサートに行った会場。
 壁面には黄金のレリーフが使ってあり、壁と天井の間の曲面にたくさんの動物が描かれている。
 【写真をクリックすると拡大します】
 ベルリンの地下鉄 リヒャルト・ワーグナー広場 駅 の竜(ドラゴン) 060622 
 地下鉄U7のシャルロッテンブルグ宮殿の最寄駅が  リヒャルト・ワーグナー広場 駅。
 線路の向こうの壁に、ワーグナーに関連があると思われる、 たくさんのレリーフが置かれて
 いるのに気がついた。【写真をクリックすると拡大します】
 ベルリンの動物園に「龍」はいなかった 060623
 ベルリンのツォー駅の近くに1884年創立の世界最大級の動物園がある。
 入り口の門(象門)は中国調でつくられているのでおり、道路に面した建物の壁面に飾られている。
 たくさんの動物のレリーフの中に龍を探したが居なかった。【写真をクリックすると拡大します】
 ホーフブルグ(王宮)のミヒャエル門の噴水「海の力」 060701
 18世紀に建てられたミヒャエル門は王宮の正門。門の両脇には4体のヘラクレス像が置かれている。
 写真は門の左側にある「海の力」を象徴する噴水。彫刻の中にドラゴンの姿を見ることが出来る。
 【写真をクリックすると拡大します】
 LOWENBRAU(レーベンブロイ)のコースター  060822
 ウィーンからトランジットで寄ったミュンヘンの空港で、ビールを飲んだときに
 コースターの中に龍らしき絵を見つけた。これは獅子なんですね

071113/081114
龍の謂れとかたち TOPへ