謂れとかたち

深川不動堂の内陣の龍

江戸元禄年間は、江戸町民を中心として不動尊信仰が急速に広まった。
この時期、成田山新勝寺は信徒数も増え、寺格も高い本山へと発展した。
江戸町民が成田山のご本尊不動明王を江戸で参拝したいという機運が高まり、
1703年(元禄16年)4月にの出張開帳が行われた。
将軍綱吉の母である桂昌院が参拝を希望したという説もある。
江戸まで1週間かけて捧持され、2ヶ月間開帳されて、江戸町民に人気を博した。
この開帳の場所が深川永代寺境内であり、深川不動堂の始まり。
明治2年に現在の地に深川不動堂の正式名称が認められ、
14年に本堂が完成したが、大震災と戦災で消失した。ご本尊は災禍を免れた。
昭和26年に当時印旛沼のほとりに建っていた龍腹寺を移築し本堂として復興。
平成3年に大改修を施行した。
【深川不動堂来歴 歴史と沿革 より抜粋】


参道より正面を見る

内陣の龍の彫刻
賽銭箱の裏側に入り上部を見たところに、龍の彫刻がある
彫刻は暗くてよく見えないので、やわなデジカメでは手に負えずNikonFを持ち出してストロボを焚いた
幅は2間(3,6m)はあるかもしれない。(大きさについては測定していない)


彫刻のある面の概観(見上げているので上部が狭くなっている) NikonF Nikkor28mm F2.8


彫刻の全体図(斜めに撮影している)  NikonF Nikkor50mm F1.4

 
彫刻の左右を拡大した(斜めに撮影している)   NikonF Nikkor50mm F1.4



内陣上部 2012 


龍の彫刻 2012


龍の彫刻詳細(左) 2012


龍の彫刻詳細(右) 2012


深川不動堂の扁額に彫られた龍はこちら
070512/120818
龍の謂れとかたちのTOPへ