謂れかたち
長福寺の本堂の欄間の龍の彫刻

長福寺
長福寺(ちようふくじ)は、千葉県いすみ市(旧夷隅郡大原町)下布施にある天台宗の寺院。山号は硯山
寺伝によれば807年(大同2年)最澄によって創建されたとされ、山号は源頼朝から与えられたものという
長福寺の境内左手にある、別名「筆掛の槙」とも称されるイヌマキの巨樹が有名
千葉県指定天然記念物に指定されている


山門


本堂正面



本堂の欄間には、中央に龍、左右に麒麟の彫刻が置かれている


初代伊八の彫刻
本堂にある欄間は、初代武志伊八郎(1751-1824)が寛政元年に彫った波の浮彫りである
この欄間は透かし彫りがある
中央:龍 縦74cm横266cm 
左右二面:麒麟 左右縦86cm横171cm
いずれも堅牢で、色彩もめいりょうである
欄間という提携の空間にとらわれず、自由自在に装飾彫刻を施していった特徴のある作
初代伊八の作品の変化を示す好例として貴重な作品である
中央裏面に作者銘及び政策年が墨書してある


安房国長狭郡下打墨村住人
初代武志伊八郎信由作
弟子高梨氏伊曽八信房
寛政元 酉□冬
【現地の説明板より】



本堂の欄間の龍の彫刻 左斜めより見る


本堂の欄間の龍の彫刻 右斜めより見る


龍の頭部



左の欄間にある麒麟の彫刻(部分)


長福寺
住所:千葉県いすみ市大原町布施757(旧 夷隅郡)
電話:
0470-62-1736

130118
龍の謂れとかたちのTOPへ