謂れとかたち
円覚寺の勅使門の龍の彫刻

円覚寺
正式には瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくさんえんがくこうしょうぜんじ)と号する
臨済宗円覚寺派の大本山であり、鎌倉五山第二位に列せられる
本尊は宝冠釈迦如来

弘安5年(1282)に鎌倉時代後半、北条時宗が中国より開山国師(無学祖元禅師)を招いて創建
時宗は禅を弘めたいという願いと、蒙古襲来による殉死者菩提を弔うために円覚寺建立を発願した
円覚寺の名前の由来は,建立の際、石櫃に入った大乗経典の『円覚経』が出土したことから
山号の瑞鹿山の由来は、開山国師が仏殿開堂落慶の折
法話を聞こうとして白鹿があつまったという奇瑞から瑞鹿山(めでたい鹿のおやま)と つけられたといわれている

円覚寺は創建以来、北条氏をはじめ朝廷や幕府の篤い帰依を受け経済的基盤を整えた
鎌倉時代末期には伽藍が整備された
室町から江戸時代、幾たびかの火災に遭い、衰微したこともあった
江戸末期(天明年間)に大用国師(誠拙周樗)が僧堂・山門等の伽藍を復興
修行者に対し峻厳をもって接し、宗風の刷新を図り、今日の円覚寺の基礎が築かれた
明治以降、今北洪川老師・釈宗演老師の師弟のもとに雲衲や居士が参集し、多くの人材を輩出

今日の伽藍は創建以来の七堂伽藍の形式が伝わっている
山門・仏殿・方丈と一直線に並び・(法堂はない)、その両脇の右側に浴室・東司跡、左側に禅堂(選佛場)がある
【円覚寺の栞などより要約】


円覚寺正面入口 奥に総門が見える


勅使門
円覚寺の伽藍の配置は山門・仏殿・方丈と一直線に並んでいる
方丈の前に勅使門がある
勅使門は唐門と言われ、皇族など特別の客を迎える時開かれる
天保十年(1839)の建立

扉には、見事な彫り物が見られます
門の妻(内側)には龍の彫刻が施されている

門の2枚の扉に龍・雲・波濤など彫刻がある


勅使門(唐門) 正面




勅使門(唐門) 内側より上部を見る


勅使門(唐門) 龍の彫刻


勅使門(唐門) 龍の頭部


勅使門(唐門)門の2枚の扉の彫刻  龍・雲・波濤


勅使門(唐門)門の扉の彫刻(内側から見て左)


勅使門(唐門)門の扉の彫刻(内側から見て右)


彫刻の全体(内側から見て左)


彫刻の全体(内側から見て右)


龍の頭部(内側から見て左)

龍の頭部(内側から見て右)


121125/
龍の謂れとかたち TOPへ
龍のTOPへ