龍の謂れ
かたち
妙隆寺欄間の龍(鎌倉市)

妙隆寺
妙隆寺(みょうりゅうじ)は、神奈川県鎌倉市にある日蓮宗の寺院
妙隆寺は中山門流の中心。本尊は日蓮上人
鎌倉・江の島七福神の一つで「寿老人」を祀る
「鍋かむり」で知られる日親ゆかりの寺として知られれる
旧本山は、中山法華経寺
(日蓮宗は昭和16年に本末を解体したため、現在では、旧本山、旧末寺と呼びならわしている)

御家人千葉常胤の子孫千葉胤貞の別邸「千葉屋敷」跡に建っている
胤貞が祖先追福のため七堂伽藍を建立して妙隆寺を創建
中山法華経寺の日親の叔父・日英上人を開山に迎えた

宗派 :日蓮宗
山号 :叡昌山
建立 :元中2年/至徳2年(1385年)
開山 :日英上人(日親の叔父)
開基 :千葉胤貞
【現地の説明板等より要約】


妙隆寺 山門


妙隆寺 本殿正面


内陣  上部の欄間に龍の彫刻がある




欄間(左側)


欄間(左側)の龍の頭部



欄間(右側)


欄間(右側)の龍の頭部


妙隆寺の住所:神奈川県鎌倉市小町2?17?20

150206
龍の謂れとかたちのTOPへ