謂れとかたち
本龍寺の燈籠の龍の彫刻 金沢

本龍寺
真宗大谷派潮聲山本龍寺は、金沢の海の玄関口である金石を代表する真宗大谷派の寺院
北陸有数の大伽藍である瑞泉寺(真宗大谷派井波別院)にゆかりのある寺院
慶長7年に、富山県より現在の地に移住した


本龍寺 表門


本龍寺の燈籠の龍の彫刻
境内に2期の金属製の燈籠がある
燈籠の基礎部分の6面の上段に龍の彫刻が配されている
左右の龍の彫刻を写真に撮って比較してわかった
すべてが同じ型より製作されたと推察する

 
燈籠の全景
燈籠には基壇がある


燈籠(左)


燈籠(右)


燈籠の基礎部分の6面の上段に龍の彫刻が配されている


























燈籠の笠と宝珠(右の燈籠)


潮聲山本龍寺
住所:金沢市金石西3丁目2-23
電話:076-267-1568


160428
龍の謂れとかたちのTOPへ