謂れとかたち
松戸神社の扁額の龍の彫刻

松戸神社
松戸神社は1626年(寛永3)の創建
松戸市の総鎮守とされている
主祭神は日本武尊。旧社格は村社

1609年(慶長14)、水戸城に水戸徳川家が封ぜられると、水戸街道が整備され、松戸宿が宿場町として賑わった
水戸徳川家より篤い崇拝を受けた
水戸徳川家より奉納された品々は、1739年(元文4)の松戸宿の大火にて社殿とともに焼失
1882年(明治15)、社号を『松戸神社』へと改称して有栖川宮幟仁親王より社号の書を授かる


一の鳥居


二の鳥居  奥に見えるのが拝殿


拝殿正面 向拝の上部に扁額がある

扁額
拝殿の向拝の上部に扁額がある
扁額の四週に龍の彫刻が施されている
左辺は下り龍、右辺は上り龍が彫られている


向拝の上部にある扁額


扁額 四週に龍の彫刻が施されている


扁額の上辺


扁額の上辺 龍の頭部



扁額の下辺


 
扁額の左辺は下り龍

 
扁額の右辺は上り龍


松戸神社
住所:千葉県松戸市松戸1457番地
電話:047-362-3544


151005
龍の謂れとかたちのTOPへ