謂れとかたち
妙法寺の仁王門の龍(杉並区堀の内)

妙法寺
妙法寺(みょうほうじ)は、東京都杉並区堀ノ内にある日蓮宗の本山(由緒寺院)
山号は日円山
「(堀之内)やくよけ祖師」(おそっさん)として殊に厄除けのご利益がある寺院として知られている
江戸時代から人気のある寺院であり、現在でも、参拝するものが多い
古典落語「堀之内」の題材にもなるなど、街の顔にもなっている

創建は、元和年間(1615年 - 1624年)と伝えられている
元々は真言宗の尼寺であったが、日圓上人により、後に日蓮宗に改宗
山号は日圓上人に因んでいる
当寺院の日蓮像が厄除けにご利益があるということで、江戸時代より多くの人々から信仰を集めている
現在でも、厄除けなどのご利益を求め、多くの人が参拝に訪れている
元々は中本山であったが昭和27年に本山(由緒寺院)に昇格している。
現住は36世嶋田日新貫首(杉並区宗延寺より晋山)。通師堀之内法縁縁頭寺
【ウィキペディアより抜粋】


妙法寺 境内図


仁王門(山門)(におうもん さんもん)
仁王門は、当初鐘楼門として天明7年(1878)に建立された
3間1戸、桜門形式、入母屋造、本瓦葦、潜戸及び左袖塀付き
下層は桁行(間口)7.7メートル(通路の中央間3.3メートル)梁間(奥行)4.5メートル

正面両脇2間に仁王像を安置し、背面は吹放となっている
高欄付の縁を巡らす上層は、桁行7.1メートル(通路の中央間3.3メートル)、梁間3.8メートル
室内正面に厨子釈迦如来坐像を安置し、背面に附(つけたり)の板本尊を置いている

門内に安置されている仁王像
万治年間(1658〜61)に四代将軍徳川家綱が千代田区麹町日吉山王社に寄進したもの
明治元年(1868)妙法寺に移され、増長、広目二天像と入れ替えられた
仁王像が妙法寺に移されたのは、かって堀ノ内が日枝神社領であった関係からと推測される
【東京都教育庁のポストカードより要約】


仁王門

多様なテーマを精緻に表現した彫刻がこの門の特徴
下層頭貫上の蟇股(かえるまた)の15種に及ぶ彫刻
頭貫木鼻の獏・獅子・象の彫刻
上層四隅の隅木下の龍の彫刻群は祖師堂の彫刻と類似
大工棟梁脇田与兵衛定元等の高い技術水準を示す
【東京都教育庁のポストカードより要約】


仁王門 通路の上部


中央の龍を見る 


龍の頭部


龍の頭部 斜めに見る


上層四隅の隅木下の龍の彫刻群


上層四隅の隅木下の龍の彫刻


上層四隅の隅木下の龍の彫刻(1)

上層四隅の隅木下の龍の彫刻(2)

上層四隅の隅木下の龍の彫刻(3)

上層四隅の隅木下の龍の彫刻(4)

110225

妙法寺の祖師堂の向拝の龍(波の伊八)
妙法寺の祖師堂の唐破風の懸魚(げぎょ)の龍(波の伊八)

妙法寺の祖師堂の扁額の龍
妙法寺の手水舎の龍
妙法寺の燈籠の龍
妙法寺の龍のお守り
妙法寺の辰の干支盃 2012

龍の謂れとかたちのTOPへ