龍の謂れとかたち


謂れかたち

大倉集古館の燈篭の龍の彫刻
大倉集古館は日本・東洋の古美術が中心の私立美術館
大正6年(1917)に財団法人大倉集古館として大倉邸の敷地の一角に開館した
日本最初の私立美術館
実業家大倉喜八郎(1837~1928)が明治から大正期にかけて収集した古美術・典籍類を収蔵・展示している
大正12年(1923)、関東大震災によって当初の展示館と陳列中の展示品を失い、一時休館を余儀なくされた
 
昭和3年(1928年)、建築家伊東忠太の設計による中国風の展示館が完成し再開した
喜八郎の長男・大倉喜七郎(1882~1963)も館の維持に尽力し、近代日本画などの収集品を館に寄贈している
昭和35年に財団法人大倉文化財団と改称
日本・東洋の絵画・書跡・彫刻・陶磁器・漆工・金工・刀剣・能面・能装束・考古遺物など約2000点の美術品と漢籍1000余部を所蔵
年間5回ほどの企画展を開催している
 
建物は平成9年に大改修工事が行われた
平成2年に東京都の歴史建造物に選定、平成10年に国の登録有形文化財となった
大倉集古館の案内などより要約】

前提にある胴製の燈篭
入り口の門の左右に2基の胴製の燈籠が建っている
燈籠の竿の部分に刻まれている内容を下に記す
この燈籠の謂れは良くはわからない
権中納言従二位源綱條斎(?)具
奉献 常(?)憲源公霊廟前庭 胴燈壹貳樹
寛永六年巳丑正月十日

奉献 ■有源公霊廟前庭 胴燈壹貳樹
延寶辛酉五月八日


大倉集古館の正面


源氏物語錦織絵巻展を開催していた



大倉集古館に向かって右側の燈篭


大倉集古館に向かって左側の燈篭


笠・火袋・中台部分


笠・火袋・中台部分





中台の龍の彫刻は8面にあるが、2種類が4体ずつおかれている
左右の燈篭の龍の彫刻は異なっている



蕨手の詳細

蕨手の詳細




090808
龍の謂れとかたちのTOPへ