龍の謂れとかたち


謂れかたち

小野神社の向拝の龍の彫刻

小野神社
古来小野路宿の鎮守である。小野路という地名は多摩郡小野郷への道筋という意味
小野路は鎌倉未知の宿駅として鎌倉と武蔵の国府の置かれた府中に通じる要衝の地にある
宿の入口にある小野神社は小野篁 (おのたかむら)の七代の孫武蔵野守小野孝泰が
天禄年間 (970〜973)に小野篁の霊をここに祀ったことに由来
式内小野明神は多摩市一宮にある武蔵一宮と称した小野神社と思われる
現在の社殿は昭和3年4月3日の再建である

小野篁は平安時代の前期の人で和漢に優れた学者
学問の神様であり、菅原道真の先輩にあたる
篁の孫の小野道風は平安時代を代表する書家で、三蹟として有名

小山田氏の小野路城があった城山には小町井戸と伝えられる遺跡もあり、小野氏との関連が深い


小野神社 アプローチ

小野神社 アプローチ石段


小野神社 正面


小野神社 向拝の龍 2体を見る


小野神社 向拝の龍 2体を見る



向拝の龍(1)


向拝の龍(1) 頭部の詳細



向拝の龍(2) 


向拝の龍(2) 頭部の詳細



小町井戸 説明版


小町井戸

小野神社所在地:町田市小野路町

110404
龍の謂れとかたちのTOPへ