謂れとかたち
龍口寺 山門の彫刻(扁額の下) 藤沢・片瀬

山門
元治元年(1864)竣工 欅造り銅板葺
大阪雲雷寺の発願で、豪商鹿島屋某が100両寄進し建立された
正面に《龍口寺》、裏面に《寂光山》の扁額がかかる
中国の故事などの彫った彫刻が門の両側にある
片方には3人の僧侶が彫られており、龍の爪が見える
【龍口寺の縁起は本堂のページに書いています】


龍口寺 山門  2018


龍口寺 山門  2018


龍口寺 山門の扁額 2008


龍の彫刻の詳細 2008


中国の故事などの彫った彫刻が門の両側にある 龍の爪が見える

080602/190109
龍口寺 本堂の扁額
龍の謂れとかたちのTOPへ