龍の謂れとかたち
広島県竹原市の藤井酒造の「龍勢」

瀬戸内海に面した広島県竹原市の藤井酒造のお酒
創業銘柄は「龍勢」
江戸末期(文久3年)創業。現在も当時のままの蔵で酒造りを行っている
裏山の龍頭山から湧き出る井戸水で醸したお酒がとてもよかったことから名づけられた
ラベルの書は 札幌市在住の 若山雄雲


銀座の《酒の穴》の正面の棚に並んでいるたくさんの中から
カウンターにおろしてもらった


龍勢 吟造り特別純米酒        

ラベル

瓶の裏の説明




龍勢 純米吟醸 四合瓶
精米歩合60%  アルコール分17度



龍勢 純米吟醸 四合瓶のラベル


ラベルの龍の頭部


箱を展開した


箱の龍の絵柄



070309/070807/150121
龍の謂れとかたちのTOPへ