謂れかたち
中央寺の山門の龍の彫刻(札幌)

實相山中央禪寺
中央寺は札幌のすすきのにある曹洞宗の仏教寺院
山号は實相山。大本山永平寺直末

1874年(明治7年)創建。開基は總持寺東京出張所の役僧を務めていた西有穆山
1879年(明治12年)には本堂が完成
1882年(明治15年)に寺号公称を認可され、「中央寺」となった
1892年(明治25年)に南6条西2丁目の現在地に移転した
曹洞宗の北海道における布教拠点としての役割を担う


中央寺  全景


中央寺  山門


中央寺  山門の正面



龍の彫刻 左右に2頭の龍が配されている


左の龍


左の龍


右の龍


右の龍の頭部


中央部  二頭の爪



瑞雲山祥龍寺札幌市中央区南6条西2−1
TEL:011-512-7321

180413
龍の謂れとかたちのTOPへ