謂れとかたち
田無神社の五龍神守 西東京市

田無神社の由緒
 
田無神社の創立は正応年間(鎌倉期、13世紀)のこと
谷戸の宮山に鎮座し、尉殿大権現(じょうどのだいごんげん)と呼ばれていた。ご祭神は龍神様
 まず元和8年(1622年)に、宮山に鎮座する尉殿大権現を、上保谷に分祀
正保3年(1646年)に宮山から田無(現在の地)に分祀
寛文10年(1670年)には、宮山に残っていた尉殿大権現の本宮そのものを田無に遷座した
 さらに、尉殿大権現は明治5年(1872年)に熊野神社、八幡神社を合祀し、田無神社と社名を改めた

主祭神
 田無神社と社名を改めた際に主祭神を祀り、現在に至っている

大国主命(おおくにぬしのみこと)
須佐之男命(すさのおのみこと
猿田彦命(さるたひこのみこと)
八街比古命(やちまたひこのみこと)
八街比売命(やちまたひめのみこと)
日本武尊命(やまとたけるのみこと)
大鳥大神(おおとりのおおかみ)
応神天皇(おうじんてんのう)



田無神社 入り口 一の鳥居


田無神社 二の鳥居


田無神社 本殿の左手前に一楽萬開の札がある



五龍神守
境内にお祀りされている五龍神様のお守り
併せて五龍神様もお参りください

青龍神 社殿向かって右側の土俵奥にお祀りされている
赤龍神 :表参道の鳥居をくぐり階段を上ってすぐ右にお祀りされている
金龍神 :ご本殿にお祀りされている
白龍神 :手水舎の前にお祀りされている
黒龍神 :裏参道の鳥居の近くにお祀りされている



五龍神守


赤龍神守と青龍神守


金龍神守


黒龍神守と白龍神守


田無神社
       所在地:東京都西東京市田無町3−7−4
電話:024− 461−4442


170303
龍の謂れとかたちのTOPへ