謂れとかたち
龍柄の手拭い 戸田屋商店

明治5(1872)年初代小林大助が日本橋富沢町に金巾(かなきん)問屋を開業
現在もこの地(人形町の近く)に店を構えている
創業136年、現在の当主は6代目に当たる
手ぬぐい・ゆかた・技芸集(トランクスなど)・扇子・うちわ・江戸型紙等を扱っている
「梨園染」の高級ゆかた、手ぬぐい等有名である。

 

梨園染
戸田屋商店は「梨園染」のゆかた、手ぬぐい、扇子、うちわ、のれん等を扱う
江戸の粋の柄のバリエーションは数百を数える
伝統の柄を斬新な色合いで、ハンドメイドの温かさを、天然素材の安心を、これが「梨園染」手ぬぐいへの3つのこだわり
「梨園染」の特色は複数の色を染めることが可能な「注染」
柄や色の境目に糊を置いて堤防を作る「差し分け染」、色の濃淡や色ぼかしを演出する「ぼかし染」
「梨園染」では独自にその生地を織らせており、手ぬぐいやゆかたの晒木綿は上質
「梨園染」のゆかた、手ぬぐいは東京の下町の染色工場で染められる
製造工程のほとんどが熟練の職人による手作業

ゆかたは平安時代の貴族が入浴に際し着用した「由加太比良(ゆかたびら)」が起源
手ぬぐいは鎌倉時代に誕生し、江戸時代に広く普及した

龍柄の手ぬぐい
十二支の中でただ一つの想像上の動物である龍は、ほう鳳・りん麟・き亀と共に中国では四霊の一つに数えられている
龍は王者に例えられたり、雲雨を自在に支配するところから密教では雨の本尊とされている
商品番号:966    商品名(柄):龍(大)    カテゴリ:小紋・総柄
      【戸田屋商店のホームページ・栞を参考に要約】

 
手ぬぐいのサイズ:約37×98cm

株式会社 戸田屋商店
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2−1−11
Tel:03−3661−9566


戸田屋商店の十二支手ぬぐい
戸田屋商店の龍の型紙

080105/
龍の謂れとかたちのTOPへ