謂れかたち

朝鮮時代の鐘(東京国立博物館)

朝鮮時代・世宗31年(1449)  TE982
【11/11/17に撮影】

音を整える管が直立し、吊り下げる部分が龍の形に作られている
このような形の鐘は朝鮮半島でとくに流行した
胴部に点線で「正統十四年三月」から始まる5行29字の銘文がある
朝鮮時代の初期に作られたことがわかる貴重な史料である

【展示の説明より】


鐘 全体1

鐘 全体2


吊り下げ部 正面


吊り下げ部

吊り下げる部分の龍の詳細


120625
龍の謂れとかたちのTOPへ