謂れとかたち
龍濤螺鈿陵花盆
天翔ける龍 2012

りゅうとうらでんりょうかぼん
木製漆塗
中国 元時代・14世紀
需要文化財
TH-9

泡立つ波しぶき、いかつい岩山を背景に、思い切り胴体をうねらせた龍のすがた
指先には鋭い五本の爪が光り、これが皇帝の象徴である「五爪の龍」と知れる
龍のウロコには青色、背ビレや爪には赤色に輝く貝を用いる
陵花形のシャープな器形は元時代の特徴
【展示の説明より】


龍濤螺鈿陵花盆





龍の頭部と爪


121210/
龍の謂れとかたち TOPへ
龍のTOPへ