龍の謂れとかたち


謂れかたち

品川神社の手水舎と龍

品川神社
品川神社は、平安時代の末期文治3年(1187年)源頼朝が海上安全を祈願し創始
徳川家康が関が原の戦いへ出陣の際参拝し、戦勝祈願
徳川家光がこんりゅうした東海寺の鎮守と定め、「御修復所」となり、幕府が再建・修復を賄う
江戸時代に2度消失したが、将軍の命により再建
老朽化が進み、昭和39年(19647年)に現在の社殿が再建された


品川神社


社殿

手水舎と龍
品川神社へは、鳥居に彫られた龍を見に行った
手水舎には龍の吐水口があり、ここには河童も居た


品川神社の手水舎
 全景


中央に龍が居る

龍と河童


龍の正面

龍の側面

品川神社
住所:〒140-0001 品川区北品川3-7-15
    TEL:03-3474-5575

品川神社の鳥居の龍の彫刻へ

090606
龍の謂れとかたちのTOPへ