謂れとかたち
上野東照宮の参道横にある燈籠に施された龍のレリーフ

上野 東照宮
元和2年(1616年)藤堂高虎と天海僧正は危篤の家康に呼ばれ、
末永く魂鎮まるところを作ってほしいと遺言された
寛永4年(1627年)に藤堂家の屋敷地に東照宮を造営した
しかし家光は慶安4年に現在の社殿を金色殿として造営替えし、江戸の象徴とした
手前から拝殿・幣殿・本殿からなり、その様式を権現造りという
平泉の中尊寺光堂と並んで日本に二つしかない金色殿
明治40年に国宝指定
祭神:徳川家康・徳川吉宗・徳川慶喜
【東照宮略記(現地の説明板)・縁起などより】


燈籠は唐門の両側(国宝)と唐門の手前の左右にある

燈籠の龍のレリーフ
鳥居をくぐると唐門に至る参道の両側に燈籠が並んでいる
唐門の両側にある6基の燈籠(国宝)に龍のレリーフが施されている

唐門の手前の左右に燈籠の群がある
左側に14個、右側に22個を数える
その中に龍のレリーフが施された燈籠が左に5個、右に2個ある
(数は正確でないかもしれない)
今回は、唐門に最も近いところにある燈籠を紹介する

唐門の両側にある6基の燈籠(国宝)の龍のレリーフについては工事中です

8面のレリーフを写真で並べてみると、2つの基本形があることがわかる
それぞれの4個は型に流して製作されていると思われるが
少しずつ異なっているようにも見える


【唐門側に向かって 右側の燈籠群 写真にある右の手前の燈籠を紹介する】


【燈籠の全貌 土台の上の部分にレリーフが見える】

以下は、上の写真の正面を1番にして、上から見て右回りに並べた


















甚五郎の彫刻との比較
大きさはまったく違うが、燈籠の龍のレリーフと甚五郎の彫刻と並べてみる
双方とも、昇竜と降竜の対になっていることがわかる
燈籠のレリーフが甚五郎を参考にした?
どちらが先かわからないので 軽々に決め込んではいけない
私の勝手な空想である
唐門とこの燈籠は近くにあるので 並べて見ることを楽しんだまで
でも 正確なところを調べてみたい気がする

   
NO6         内より見て左     内より見て右         NO7

070713/070716
唐門の龍の彫刻へ
龍の謂れとかたちのTOPへ