謂れかたち

湯島天神(登竜門)の龍のレリーフ

湯島神社は、湯島天満宮、湯島天神として知られている

雄略天皇2年(458)一月 勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命を奉斎したのがはじまり
正平10年(1355)二月郷民が菅公の御偉徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請した
文明10年(1478)十月に、太田道灌これを再建

天正18年(1590)徳川家康公が江戸城に入るに及び、特に当社を崇敬すること篤く、
翌十九年十一月豊島郡湯島郷の内五石の朱印地を寄進、もって祭祀の料にあて
泰平永き世が続き、文教大いに賑わうようにと菅公の遺風を仰ぎ奉った
その後、林道春・松永尺五・堀杏庵・僧堯恵・新井白石など、学者・文人の参拝もたえることなく続いた
将軍徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよび、この地を久しく文教の中心として湯島天満宮を崇敬した
元禄16年(1703)の火災で全焼したので、宝永元年(1704)将軍綱吉公は金五百両を寄進している

明治5年(1872)10月には郷社に列し、ついで同18年(1885)8月府社に昇格した
明治維新以前は、上野東叡山寛永寺が別当を兼ね、喜見院がその職に当った
明治18年に改築された社殿も老朽化が進む


銅鳥居


天満宮の額


唐門


唐門の牛のレリーフ

牛は天神さんのお使い
と言われている


夫婦坂にある登竜門
夫婦坂は本堂の右手奥にある
登竜門は階段の途中にある


登竜門 内部より見る


登竜門のレリーフ 内部より


登竜門の龍のレリーフ


龍のレリーフの拡大



登竜門 外部より見る


登竜門の龍のレリーフ


龍のレリーフの拡大



登竜門の鯉のレリーフ


111108
授与所の龍のレリーフ
龍の謂れとかたちのTOPへ