謂れかたち
廣尾稲荷神社 拝殿 向拝柱の木鼻

廣尾稲荷神社
廣尾稲荷神社は、東京都港区南麻布にある稲荷神社
祭神は倉稲魂神
御神体は木造翁の立像で、商売繁昌、五穀豊穣、火防守護の神として信仰を聚めている


廣尾稲荷神社


社殿
木造神明造
1845年(弘化2年)、拝殿が「青山火事」により焼失したが、その後、再建され今日に至っている
関東大震災後の1925年(大正14年)、本殿と幣殿が建造された
境内に建てれていた石鳥居の「再建 弘化四歳丁未九月吉祥日」の銘文より
本殿及び拝殿の造建年代及び天井画の制作時期のおおよそを推定することがでる


廣尾稲荷神社 拝殿正面


拝殿の向拝柱の木鼻


拝殿の向拝


向拝柱の木鼻 右


向拝柱の木鼻 左



住所:東京都港区南麻布4丁目5
181130

龍の絵馬
拝殿天井 墨絵図

龍の謂れとかたちのTOPへ