龍の謂れとかたち


謂れかたち

妙心寺 大方丈の龍の彫刻

臨済宗妙心寺の本山 山号を正法山という 開創は建武4年(1337)
広大な山内に46の塔頭寺院が存在している
【以下の写真は 070723 撮影】


妙心寺 南総門

妙心寺の七堂伽藍の配置は禅宗伽藍配置の典型
勅使門から放生池を経て、北へ向かって
三門・仏殿・法堂・寝堂・大方丈・小方丈・大庫裏へと直線に並んでいる
【妙心寺の案内書より要約】


境内案内図  立て看板より部分

大方丈(おおほうじょう)

承応3年(1654)の建造 (重要文化財)】
方丈はもとは住持の居所,今は檀信徒の祖先を祀って、その供養を行う所、
また、説教、講演その他の会合の場所ともなり、多数賓客を応待するところ
【妙心寺のホームページより要約】


大方丈正面  工事中で全貌がみえない
左手前に法堂の一部が見える


大方丈の門(石段をあがったところ)の上にある龍の彫刻


中心部の龍の拡大 左右には青海波が彫られている

070729/
法堂の雲龍図へ
龍の謂れとかたちのTOPへ