龍の謂れとかたち


謂れとかたち
古墳時代の鏡 方格規矩四神鏡(3点)

東京国立博物館の平成館1階の考古展示室で《日本の考古》開催されている
ここでは考古遺物で、石器時代から近代までの日本の歴史を紹介している
縄文時代の火焔土器や、弥生時代の銅鐸、古墳時代の埴輪などが展示してあり
その中に古墳時代の「鏡」が大量に展示されている
 《鏡》の名称に龍が使われているものがある

《鏡》そのものについて、また《鏡》に関係の深い邪馬台国についても、研究者の考えは統一されていないようだ
一朝一夕にこの時代の全貌を知ることは不可能である
私なりに整理し理解した範囲で、東博での展示の説明の内容を逸脱しないようにして紹介する

 
《日本の考古》の展示(平成館1階の考古展示室)
古墳時代を概観する 政治的社会の幕開けから王権の拡大
 弥生時代の墳丘墓と比べて、規模や構造がはるかに大きく
一般の墳墓とは隔絶した個人のための墳墓を前方後円墳と言う
この大型の前方後円墳の出現と普及をもって古墳時代と呼ぶ
 弥生時代に政治的社会が出現・成立し、群雄割拠の時代を経て成熟していった結果
畿内にヤマト(倭)政権が誕生する
王権が拡大してゆくにしたがって、大和を中心とする前方後円墳が構築され、やがて各地方にも普及してゆく
その時期は邪馬台国の女王卑弥呼が亡くなった後の3世紀の後半、ないしは4世紀の始め頃と考えられている
当時のアジア世界は、朝鮮では馬韓・辰韓・弁韓の三韓時代
中国では魏・呉・蜀の三国が対立する三国時代から、それを統一した西晋時代へと移行してゆく時期である

古墳時代の鏡
 《鏡》は、弥生〜古墳時代には権威のシンボルとして、墳墓に盛んに副葬された
3〜4世紀の古墳には、精巧な舶載鏡(輸入された鏡)やぼう製鏡(国産鏡)が大量に納められ
副葬品の重要な位置を占めている
古墳から出土する中国鏡のほとんどは、後漢時代から六朝時代に造られたものである
 古墳時代の鏡は姿を写す面が表、各種の文様と中央に紐を通す鈕(ちゅう)がある面が裏
名称は文様の違いでつけられている

三角縁神獣鏡
 古墳に副葬された《三角縁神獣鏡》は、断面が三角形の縁と、神獣像を中心とした浮き彫り風の文様を持つことを特徴とする
魏志倭人伝に見るように、邪馬台国の女王卑弥呼が魏(220〜265)に朝貢した年に倭の国に贈られた
景初3年(239年)には、銅鏡100枚、翌年の正始元年にも《鏡》を与えたことが書かれている
現在、その両年の銘のあるものをはじめ500面近くの《鏡》が発見されている

 《三角縁神獣鏡》については、主に3系統の文様(二神ニ獣・四神四獣と陳氏作神獣タイプ)がある
図像の形と配置を少しずつ変化させながら、国産の三神三獣鏡に集約されていった
会場には、《鏡》の種類と変遷を系統的に図解して示してある


方格規矩四神鏡について
《方格規矩四神鏡》は、四神像を細い線で表出し、方格規矩文をもつことを特徴とする
宇宙の秩序を示す、鈕(ちゅう)を巡る方形区画(方格文)とT・L・V形の物差し(規矩文)の間に
四方を守護する霊獣の四神像《青龍・白虎・朱雀・玄武》のほか、霊芝を青龍に与える神仙や仙鹿などが表されている

方格規矩四神鏡
中国製・1〜2C 古墳時代3〜4世紀
整理番号:531
伝石清尾山古墳しゅつどとされていた鏡で、欠けた部分が1981年に発見された
4対の補修孔と不明瞭な文様を持つ
これを永年の使用の結果と考えた梅原末治氏の伝世鏡論の根拠となった学史上有名な鏡
研究者も多く決着がついていない


方格規矩四神鏡 中国製・1〜2C 古墳時代3〜4世紀
整理番号:531



変形方格規矩四神(獣文)鏡
古墳時代・4〜5世紀
奈良県河合町 佐味田宝塚古墳出土


整理番号641



変形方格規T字鏡
古墳時代・4〜5世紀
岐阜県内出土


変形方格規T字鏡 古墳時代・4〜5世紀 岐阜県内出土
整理番号:661




100201
龍の謂れとかたちのTOPへ