謂れとかたち
弁天堂の手水舎の天井の龍 東京・上野

弁天堂
寛永2年(1625)天海僧正は、比叡山延暦寺にならい、上野台地に東叡山寛永寺を創建した
不忍池は、琵琶湖に見立てられ、竹生島に因んで
常陸下館城主の水谷勝隆が池中に中之島(弁天堂)を築いた
竹生島の宝厳寺(ほうごんじ)の大弁財天を勧請し、弁天堂を建立
当初、弁天島へは小船で渡っていたが、寛文年間(1661〜72)に石橋が架けられた

弁天堂は、昭和20年の空襲で焼失し、昭和33年9月に再建された
弁天堂本尊は慈覚大師の作と伝えられる八臂の大弁財天
脇士は毘沙門天、大黒天である
【台東区教育委員会 案内板より】


上野不忍池弁天堂 左手前に手水舎が見える

谷文晁の《水墨の竜》
本堂の手前の左側に手水舎がある
手水舎の天井には谷文晁の《水墨の竜》が描かれている
紹介できるほどの写真の撮影ができていない
現在は取り外して、寛永寺で保管されている



上野不忍池弁天堂の手水舎


弁天堂の手水舎の天井の龍
(絵の状態・絵のカバーの反射・光線の具合で、目的の写真の撮影ができていない)

弁天堂
住所:東京都台東区上野公園2−1

天井絵
手水舎の龍の彫刻
弁天堂のお守り


170920
龍の謂れとかたちのTOPへ