謂れとかたち
上野不忍池弁天堂の龍の天井絵(児玉希望 画)

弁天堂
寛永2年(1625)天海僧正は、比叡山延暦寺にならい、上野台地に東叡山寛永寺を創建した
不忍池は、琵琶湖に見立てられ、竹生島に因んで
常陸下館城主の水谷勝隆が池中に中之島(弁天堂)を築いた
竹生島の宝厳寺(ほうごんじ)の大弁財天を勧請し、弁天堂を建立
当初、弁天島へは小船で渡っていたが、寛文年間(1661〜72)に石橋が架けられた

弁天堂は、昭和20年の空襲で焼失し、昭和33年9月に再建された
弁天堂本尊は慈覚大師の作と伝えられる八臂の大弁財天
脇士は毘沙門天、大黒天である
【台東区教育委員会 案内板より】

本堂の天井絵
本堂天井には《金竜》の図が画かれている
昭和41年に児玉 希望画伯により描かれたもの

児玉 希望(こだま きぼう)
本名は省三(1898年〜1971年)
広島県高田郡(現安芸高田市)出身の水墨に生きた日本画家
小さい頃から絵に親しみ13歳にして院体画に習った細密な武者絵を描いている
川合玉堂の門に入る
1918年帝展審査員 1959年日本芸術院会員 1970年勲三等旭日中綬章受章
画塾の門下には佐藤太清、奥田元宋、船水徳雄らが在籍した


上野不忍池弁天堂


本堂天井の《金竜》の図

右上にある銘


昭和41年に児玉 希望画伯により描かれた《金竜》


不忍池弁天堂
住所:東京都台東区上野公園2−1

手水舎の龍の彫刻
龍の吐水口
弁天堂のお守り


120110/120127
龍の謂れとかたちのTOPへ