謂れとかたち
特集 四神信仰
龍の謂れとかたちのTOPへ
龍のTOPへ

謂れ
四神信仰
五行思想
 龍が活躍する陰陽五行思想と四神信仰 【メルマガIDN編集後記 第365号】
 「陰陽五行思想」においては、五行の一つ「木」に龍が相当している
 「陰陽五行思想」と「四神信仰」のかかわりは大きいとされる。五と四の違いや、両者の共通点などを解明
 【写真をクリックすると拡大します】
謂れ
四神信仰
 四神の信仰~東方と春を守護する蒼龍~ 【メルマガIDN編集後記 第246号】
 四神の信仰は古代中国で誕生し日本へ伝えられた。平安京や江戸も四神に守護されている
 北は玄武(亀と蛇)、東は青龍、南は朱雀(鳥)、西は白虎という神獣がそれぞれ鎮護するという
 【写真をクリックすると拡大します】
謂れ
四神相応
 平安京は四神相応の都 【メルマガIDN編集後記 第366号】
 四神相応の都と言われる平安京について
 平安京の中心に位置している平安神宮を鎮護する蒼龍と白虎を紹介する
 【写真をクリックすると拡大します】
 平安神宮の手水所の蒼龍と白虎  090101
 平安神宮の大鳥居をくぐって、應天門(神門)を抜けると左右に手水所がある
 大極殿に向かって右側(東側)に蒼龍、左側(西側)に白虎の石の彫刻がある
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第246号
 横浜中華街を守護する四神 【メルマガIDN編集後記 第164号】
 横浜中華街には現在、10基の牌楼(パイロウ・門)が建っており、その中の4基が風水思想に基づいている
 東:朝陽門(青龍神) 南:朱雀門(朱雀神) 西:延平門(白虎神) 北:玄武門(玄武神 亀と蛇)
 【写真をクリックすると拡大します】  四つの門の拡大写真 
 横浜中華街の東を守護する朝陽門  090201/090204 写真を追加
 横浜中華街には現在、10基の牌楼(パイロウ・門)が建っておりその中の4基が風水思想に基づく
 朝陽門は日の出を迎える門であり、東を守護する。守護神は青龍神。シンボルカラーは青
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記第164号
 松戸神社の神幸祭の四神 151129
 四神は江戸時代に制作された。26年前に神社の蔵から偶然発見され、 1年かけて修復
 四神は
1990年の神幸祭で60年ぶりに復活し、2015年は5回目の巡行
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIIDN編集後記 第325号
 松戸神社の手水舎の四神の彫刻 151005
 松戸市にある松戸神社は1626年(寛永3)の創建。水戸徳川家より篤い崇拝を受けた
 松戸神社の《手水舎》の4本の柱の木鼻として四神の彫刻が配されている
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第325号
 松戸神社の献水桶の四神のレリーフ 151005
 松戸神社は《四神》を伴ったまつり《神幸祭》で知られる
 拝殿の前の両側に献水桶の周囲には四神のレリーフが配されている
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第325号
 江東の地に四神が降り立つ 151201
 平成4年に、亀戸駅前公園に亀のモニュメントを設置し、北の「玄武」に見立てた
 平成27年に豊洲シビックセンター前に白虎が設置され江東の地に四神がそろった

 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第327号
 田無神社の五龍神 170201
 田無神社
は東京都西東京市にある正応年間(鎌倉期、13世紀)創立の神社
 田無神社は《五行思想》に基づいて五龍神がお祀りされている
 【写真をクリックすると拡大します】 
メルマガIDN編集後記 第355号
 田無神社の五龍神守 170303
 田無神社は東京都西東京市にある正応年間(鎌倉期、13世紀)創立の神社
 境内にお祀りされている五龍神様のお守り
 【写真をクリックすると拡大します】
 田無神社の一楽萬開の札 170303
 田無神社は東京都西東京市にある正応年間(鎌倉期、13世紀)創立の神社
 一楽萬開札を受ける事により、次の楽を呼び次々に楽が集まり、「萬の道」が開かれる
 【写真をクリックすると拡大します】
 松原神社の昭明殿の四神旗の龍 佐賀 160629
 昭和36年に、別々の神社として運営されていた松原神社と佐嘉神社の運営は一本化された

 昭明殿の正面に置かれている四神旗を紹介する
 【写真をクリックすると拡大します】
 メルマガIDN編集後記 第341号
 武雄神社の本殿の四神旗の龍 佐賀 160701
 武内宿禰を主神に仲哀天皇、神功皇后、応神天皇、武雄心命を合祀
 本殿の正面に置かれている四神旗を紹介する
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第341号
 仏画色紙《東方神青龍》  080605
 《東方神青龍》は中国の伝説上の神獣で蒼竜ともいう
 四神のひとつとして東方と春を守護する霊獣 長い舌を出した龍の形とされる
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第162号
 古墳時代の鏡 方格規矩四神鏡 (3種+1種)  100201
 四神像を細い線で表出し、方格規矩文をもつことを特徴とする
 四方を守護する霊獣の四神像《青龍・白虎・朱雀・玄武》のほか、神仙や仙鹿などが表されている
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第188号
 方格規矩四神鏡 東京国立博物館 140123
 中央の方格に十二支の文字を時計回りに配す
 その周囲に朱雀・青龍・玄武・白虎の四神、羽人と呼ばれる羽の生えた仙人等を配している
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第368号
 方格規矩四神鏡 東京国立博物館(個人蔵) 180209
 四神像を細い線で表出し、方格規矩文をもつことを特徴とする
 方格規矩四神鏡について詳細の説明をしている(メルマガIDNも参照してください)
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第368号 170815  方格規矩四神鏡に宇宙の広がりを
 四神十二支鏡 東京国立博物館 140123/150502
 十二支鏡は災いを払うものと信じられ、隋時代に広く流行した
 鏡の背面をぐるりと回る十二支のうち、一番上に鼠を配置している
 【写真をクリックすると拡大します】  メルマガIDN編集後記 第368号
 高松塚古墳の四神の龍 170807
 高松塚古墳の石室は凝灰岩の切石を組み立てたもの
 東壁の手前から男子群像、四神のうちの青龍とその上の日(太陽)、女子群像が描かれている
 【写真をクリックすると拡大します】  メルマガIDN編集後記 第367号龍
 張忠義石棺の四神 東京国立博物館 140119
 朝鮮の磨製石器と金属器が東洋館10室で展示された(2013年10月1日~ 2014年4月6日
 張忠義石棺の四つの面に四神が配されており、明快に見ることが出来る
 【写真をクリックすると拡大します】
 四神のマグネット《東方神青龍》 081006
 《東方神青龍》は中国の伝説上の神獣で蒼龍ともいう  四神のひとつとして東方と春を守護する霊獣
  互いの尾を銜えながら向き合う2匹の龍  陰陽の調和を表す構図
 【写真をクリックすると拡大します】 メルマガIDN編集後記 第162号
   新善光寺の燈籠の四神のレリーフ 札幌 180413
 
北縁山 廣度院新善光寺は浄土宗の寺院。山号は北縁山、院号は増上寺と同じ廣度院
 
本堂の手前にある2基の燈籠に四神のレリーフが配されている
 【写真をクリックすると拡大します】

100618/151018/151103/170702/170815

龍の謂れとかたち TOPへ
龍のTOPへ