■■■

謂れかたち
龍楽者の龍遍歴

メルマガIDNの編集後記に掲載したもののなかより、龍について書いたもの
2018年4月より龍遍歴として書いたものをまとめました
龍の謂れとかたちのTOPへ
龍のTOPへ

インデックス
01-龍の起源
02-瑞獣としての龍 四神
03-瑞獣としての龍 十二支
04-龍に見立てる
05-神社・仏閣でたくさんの龍に出会う
06-絵画・彫刻・工芸品
07-陶磁器を彩る龍
08-アラカルト
09-まち歩きで龍に出会う

10-祭りの山車や曳山に飾られた龍
11-本・絵本・ファンタジー
12-波の伊八
13-東博・歴博・民博
14-ヨーロッパのドラゴン

01
龍の起源
  TOP
 龍の起源 【NO235・120201】
 龍が初めて登場したメソポタミアのシュメール 【NO377・180101】
 中国における龍の起源  【NO901・180511
 日本における龍の起源〜ヤマタノオロチ〜 【NO379・180201】
 いろいろな龍の概念とかたちがつくられてきた 【NO234・120115】
 龍のかたちの特徴をあらわす《三停九似説》 【NO233・120101】
02
瑞獣としての龍・四神
  TOP
 龍は四種の瑞獣のひとつ 【NO245・120701】
 龍が活躍する陰陽五行思想と四神信仰 【NO365・170701】
 四神の信仰〜東方と春を守護する蒼龍〜 【NO246・120715】
 《東方神青龍》は東方と春を守護する霊獣 【NO162・090101】
 平安京は四神相応の都 【NO365・170715】
 横浜中華街を守護する四神 【NO164・090201】
 江東の地に四神が降り立つ 【NO325・151201】
 松戸神社の神幸祭の四神 【NO325・151101】
 田無神社の五龍神 【NO355・170201】
 佐賀で出会った龍と仲間たち 【NO341・160701】
 高松塚古墳の壁画の四神の龍 【NO367・170801】
 高句麗古墳 江西(カンソ)大墓の四神図の復元 【NO373・171101】
 古墳時代の鏡 【NO188・100201】
 方格規矩四神鏡に宇宙の広がりを 【NO368・170815】
03
瑞獣としての龍・十二支  
TOP
 十二支のなかで唯一実在していない龍(辰) 【NO247・120801】
 干支談義 【NO129・070815】
 干支と裏干支で縁起を担ぐ 【NO282・140115】
 東京駅のドームの十二支のレリーフ 【NO253・121101】
 武雄温泉楼門の四つの干支 【NO339・160601】
 千葉神社の妙見尊星王 【NO163・090115】
 辰年から巳年へ 【NO259・130201】
 田無神社の五龍神 【NO355・170201】
04
龍に見立てる
  TOP
 龍に見立てる:鳥瞰でみる龍のかたち 【NO248・120815】
 龍に見立てる:(その2)厳島神社が龍のかたちに見える 【NO249・120901】
 平家物語〜紙版画と琵琶演奏語りのコラボレーション〜 【NO201・100901】
 龍に見立てる:(その3)川端龍子の龍づくし 【NO250・120915】
05
神社・仏閣でたくさんの龍に出会う
  TOP
 神社仏閣を守護する龍の彫刻 【NO317・150701】
 富塚鳥見神社の向拝の龍 【NO332・160215】
 神社仏閣の天井に描かれた龍の絵 【NO252・121010】
 龍が描かれた襖絵 【NO350・161115】
 燈籠の龍  【NO220・110615】
 柱に龍が彫られている鳥居 【NO172・090601】
 神社仏閣の手水舎と龍 【NO209・110101】
 箱根神社の境内社である九頭龍神社(新宮) 【NO380・180215】
 龍の彫刻をあしらった扁額 【NO318・150715】
 龍の絵柄の絵馬 【NO319・150801】
 龍をあしらったお守り 【NO349・161101】
 引き裂かれた龍を祀る三つの寺 【NO254・121115】
 上野東照宮の唐門の左甚五郎の昇り龍と降り龍 【NO287・140401】
 横浜の關帝廟と媽祖廟 【NO290・140515】
 川越の喜多院で出会った龍 【NO269・130701】
 栄福寺のしだれ桜を見に行った〜妙見地蔵堂の向拝の龍の彫刻〜 【NO216・110415】
 妙法寺に棲む龍 東京 杉並区堀之内 【NO346・160915】
 田無神社の五龍神 【NO355・170201】
06
絵画・彫刻・工芸品
  TOP
 葛飾北斎の 虎図(雨中の虎)と龍図 【NO117・070215】
 「没後50年 横山大観―新たなる伝説へ」展を観る 【NO140・080201】
 龍を描く〜蕭白の襖絵と屏風〜 【NO322・150915】
 デジタルアーカイブ《綴(つづり)プロジェクト》 狩野山楽筆《龍虎図屏風》 【NO221・110701】
 現代の若きお抱え絵師が妙心寺退蔵院方丈の襖絵を描く 【NO262・130315】
 東博の特別展『栄西と建仁寺』展を見に行った 【NO291・140601】
 民芸品や郷土玩具の龍 【NO313・150501】
 龍をあしらった粋な小物 【NO303・141201】
 龍をあしらった工芸品 【NO304・141215】
 《驚きの明治工藝》に展示された龍 【NO348・161015】
07
陶磁器を彩る龍
  TOP
 陶磁器を彩る龍(その1) 中国(景徳鎮)・朝鮮・伊万里・京焼・九谷〜 【NO308・150215】
 陶磁器を彩る龍(その2) ヨーロッパで出会った龍の絵柄の磁器 【NO309・150301】
 唐津と有田2009 【その5】有田にある佐賀県立九州陶磁文化館で伊万里を見る 【NO185・091215】
 海を渡った伊万里 【その1】シャーロッテンブルク宮殿(ベルリン) 【NO114・070101】
 海を渡った伊万里 【その2】ツヴィンガー宮殿(ドレスデン) 【NO158・081101】
08
アラカルト
  TOP
 ホームページ《龍の謂れとかたち》事始め 【NO324・151015】
 ホームページ《龍の謂れとかたち》を冊子にまとめる 【NO381・180301】
 隅田川テラスは新しい親水空間〜龍のレリーフ〜 【NO225・110901】
 龍を染めた手拭い 【NO302・141115】
 濱甼高虎の2代目当主の高橋欣也さん〜龍柄の手拭〜 【NO141・080215】
 辰年のお年玉記念切手 【NO305・150101】
 明治時代の龍をあしらった金貨と銀貨 【NO301・141101】
 オーストラリアからの竜の便り〜葦で造った竜〜 【NO242・120515】
 カプセル型無人宇宙船《ドラゴン》の快挙 【NO244・120615】
 お酒と龍 【NO222・110715】
09
まち歩きで龍に出会う 
 TOP
 江の島は龍の島 【NO251・121001】
 唐津と有田2009 【その3】唐津まち歩きで龍に出会う 【NO182・091101】
 ひさしぶりに奈良へ行った 【NO294・140715】
 沖縄で出会った龍〜その1 首里城の龍〜 【NO306・150115】
 沖縄で出会った龍〜その2 那覇市と浦添市にて〜 【NO307・150201】
 浅草の龍を訪ねてまち歩き 【NO312・150415】
 龍を訪ねて京都へ (その1)天井の龍 【NO312・150515】
 龍を訪ねて京都へ (その2)出会った龍たち 【NO312・150601】
 高柴デコ屋敷〜三春駒と三春張り子の発祥地〜 【NO320・150815】
 金沢で出会った龍 【NO335・160401】
 佐賀で出会った龍と仲間たち 【NO341・160701】
 《BuRaLi(ぶら〜り) e 上野:上野にいる謎の龍を探そう》のスタッフの一員として参加した
【NO375・171201】
10
祭りの山車や曳山に飾られた龍 
 TOP
 成田山祇園会に行った〜山車と屋台に見る龍〜 【NO176・090801】
 佐原の大祭 秋祭り 【NO278・131115】
 浅草寺の金龍の舞 【NO229・111101】
 唐津と有田2009 【その2】からつ曳山展示場で14台の曳山を見た 【NO181・091015】
 鶴丘八幡宮と木彫師・後藤利兵衛義光 【NO316・150615】
11
本・絵本・ファンタジー
 TOP
 ファンタジーに登場する龍(竜) 【NO255・121201】
 戸田幸四郎の絵本『竜のはなし』 【NO118・070301】
 絵本「りゅうのめのなみだ」 【NO122・070501】
 ピーター ポール&マリーの《パフ》は魔法のドラゴン 【NO243・120601】
 ニュージーランド民話《タニファ》 【NO276・131015】
 浅田次郎の『天切り松闇がたり』と名刀《小龍景光》 【NO186・100101】
 松谷みよ子の『龍の子太郎』 【NO311・150401】
 《ニューベルンゲンの歌》に登場するドラゴン 【NO374・171115】
12
波の伊八
  TOP
 波の伊八の龍の彫刻 【NO213・110301】
 波の伊八は龍の彫刻でも魅了する 【NO299・141001】
 波の伊八の写真展とトークショー:伊八会代表の當間隆代さん 【NO344・160815】
13
東博・歴博・民博 
 TOP
 辰年に息づいた三博の龍 【NO256・121215】
 歴博フォーラム〜巳年の初噺〜 【NO261・130301】
 歴博フォーラム:初春の馬 【NO283・140201】
 東博へ初もうで 2017 【NO354・170115】
 サイバーギャラリー:東博の龍 【NO360・170415】
14
ヨーロッパのドラゴン
  TOP
 ヨーロッパにおける悪い「竜(ドラゴン)」と善い「龍」 【NO138・080101】
 龍が初めて登場したメソポタミアのシュメール 【NO377・180101】
 ヨーロッパにおける竜(ドラゴン)の系譜 【NO236・120215】
 天使ミカエルとドラゴンの戦い(ヨハネの黙示録) 【NO237・120301】
 聖ゲオルギウスの竜(ドラゴン)退治 【NO238・120315】
 サン・ジョルディと竜の伝説 【NO351・161201】
 ゲルマン神話より《ジークフリートの竜(ドラゴン)退治》 【NO239・120401】
 《ニューベルンゲンの歌》に登場するドラゴン 【NO374・171115】
 ギリシャ神話より《ヘラクレスのドラゴン退治》 【NO240・120415】
 ヨーロッパの善い龍 【NO241・120501】
 ヨーロッパで出会った龍と仲間たち 【2008−その1】彫刻に見るドラゴン(竜)
                   〜ミヒャエル門のヘラクレスの彫刻
【NO159・081115】
 ヨーロッパで出会った龍と仲間たち 【2008−その2】絵画に見るドラゴン(竜)
                   〜大天使ミカエルと聖ゲオルギウス
【NO160・081201】
 ヨーロッパで出会った龍と仲間たち 【2008−その3】サグラダ・ファミリア教会
                   〜ガウディのガーゴイル
【NO161・081215】
 スペインの小さな街ソルソーナの祭り《フェスタ・マジョール》 【NO143・080315】
 ポルトガルのドラゴンエース 【NO128・070801】

180511
龍遍歴のTOPへ
龍の謂れとかたちのTOPへ